重量可変型ダミー

重量可変ダミー人形・Randy 9000

ランディ9000は水難救助、陸上救助、航空救難訓練において特に危険な状況が想定される場合などにご使用ください。

 

肩、ひじ、腰、股関節、ひざはボールジョイントで結合されています。腰部分の曲り、関節の可動範囲は人間と同様です。また、ランディ9000は前腕、上腕、胸部、腰部、大腿部、下腿部が密閉可能な独立構造になっており、各パーツはステンレス製のボルトにより組み上げられます。

重量可変ダミー人形Randy9000
ダウンロード
重量可変ダミー人形・Randy 9000製品カタログ
sd-9000.pdf
PDFファイル 258.2 KB
  • 身長:約 190 cm
  • 本体重量:約 30 kg
  • 水充填時重量:約 77 kg
  • 最大耐荷重: 約 150 kg (ボディに錘を装着時)
  • 主な材質:ポリエチレン、ステンレス
  • 組立説明書:日本語(組立式 組立所要時間約30分)
  • 付属品:組立用工具、重量可変用ウォーターバッグ一式
  • 品番:SD-9000

Randy9000の特徴

ボールジョイント構造の関節

首、肩、ひじ、腰、股関節、ひざは9個の連結式のボールジョインで連結されていて、通常のユニバーサルジョイントと比較すると、関節の可動範囲はより人間に近い可構造となっています。膝と肘のジョイントは人間と同様に一方向にしか動かないように可動域が制限されています。ランディ9000は腰部分のジョイントを外すと、上体と下肢を簡単に分離することができます。これにより、移送のたびにすべての部品を解体したり組み上げたりする手間を省くことができます。

重量可変ダミー人形Randy9000の関節構造

人体ダミー人形の重量が調節できる、可変重量構造

ランディ9000には重量可変用のウォーターバッグが付属しており、このウォーターバッグに水を充填することにより重量を可変することができます。ウォーターバッグに水を充填するとランディ9000の重量を約77kgにすることができます。

全天候型ポリエチレン素材

ランディ9000のボディは衝撃に強いポリエチレン素材でできています。また、ボディの連結ボルトはステンレス製ですので海水などが被ってもさびにくいのが特徴です。

使用環境温度の制限は特にありませんが、通常は人が耐えられる温度範囲内(摂氏0°~40°程度)でのご使用をおすすめします。

重量可変ダミー人形Randy9000

使用上の注意

  • ランディ9000は防炎加工を施していませんので火気の側などに留置すると、表面が変形してしまうことがあります。
  • 氷点下など気温が極端に低い場合は強い衝撃を受けると表面が割れやすくなります。
  • 墜落実験用ではありませんので、高所より落下させると破損する恐れがあります。